最新情報

 

■ 第1部 講演 午後3時~4時20分 

                         ● 司会 増子信一(作品社)   開会のご挨拶 加賀乙彦

                         ● 講演 アレクサンドル・メシェリャコフ

                 (ロシア国立研究大学高等経済学院古典東洋・古典古代研究所主任研究員、

                   『永遠の都』ロシア語訳者)       *講演は日本語で行われます。

                      「『永遠の都』という大河に浸った日々――加賀乙彦をロシア人が読む」

                           6人のロシア人翻訳家からのビデオ・メッセージ

                       ● コメンテータ― 亀山郁夫(名古屋外国語大学学長)


■ 第2部 朗読劇『永遠の都』上演

                  朗読劇上演 午後4時45分~6時30分(要予約)開場午後4時25分)

演: 笠原浩夫 矢代朝子 山本芳樹(軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部)

『永遠の都』昭和20年8月 第6章「炎都」・第7章「異郷」より


  ★第2部では、笠原浩夫・矢代朝子・山本芳樹の3名の舞台俳優(軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部)

   による朗読劇を上演いたします。これは作者監修のもとに、『永遠の都』のうち第6巻「炎都」、

  第7巻「異郷」を90分の朗読劇にしたもので、2019年夏に軽井沢高原文庫加賀乙彦展関連イベント

として上演され、好評を博しました。今回は加賀乙彦たっての希望により、東京での初めての上演

  になります。


<2020年>  

  1. 3月20日(金・祝) 15:00 〜18:30

                        加賀乙彦『永遠の都』ロシア語全訳刊行記念特別イベント

いまこそ『永遠の都』を読む/聴く

――ロシア語訳者による特別講演と朗読劇上演――

                    (於:東京大学本郷キャンパス 法文1号館113番教室)(定員72名)

入場無料 第1部は予約不要、第2部(朗読劇)は要予約

〜2020年の活動予定〜

☝部員紹介
bu_yuan_shao_jie.html

(2020.3 UP)

++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++


 ★お知らせ★

☟ ☟ ☟ 下記のイベントは中止となりました。 ☟ ☟ ☟

主催者よりのご案内がございます。こちらをご覧下さい。

++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++

2020.3.20.html
  1. 5月30日㈯ 18:30 開演(18:20 開場予定) news!!

                           菊池寛実記念 智美術館    菊地コレクション

     「継ぐ—今泉今右衛門、酒井田柿右衛門、三輪休雪、樂吉左衞門」 関連イベント

  1. ナイトミュージアム 2020   軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部朗読会

                              朗読劇  「紙は舞う」 陳舜臣作

                        (於: 菊池寛実記念 智美術館  B1 展示室)  (東京都港区虎ノ門4-1-35)

                   (出演: 矢代朝子・ 山本芳樹(Studio Life) ・ 岩﨑大 (Studio Life))・坂本岳大)

ナイトミュージアム登場7回目となります、軽井沢演劇部。
    今年は、「継承」という言葉をキーワードに、日本のやきものに影響をもたらしてきた中国の、
   宋時代を舞台にした作品に取り組みます。  多くの中国歴史小説でお馴染みの、陳舜臣のスケールの
    大きな短編の朗読劇を是非お楽しみください。
 ◎この公演の詳細及び ご予約に関しましてはこちらをご覧下さい。

++KEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEBkebKEB++ 
https://www.musee-tomo.or.jp/assets/pdf/exhibition/20200314_NMkaruizawa.pdf
☞智美術館HP

智美術館HP

https://www.musee-tomo.or.jp/event/